危険物取扱者

【危険物取扱者甲種】を独学で取得するための参考書

こんにちは くぅたろうです

危険物取扱者甲種の資格を独学で取得したいけど、オススメの参考書ってなんだろう。

何冊くらい参考書を用意すれば良いのかな。

仕事でも必要だし、就職のためにも取っておきたいので参考書以外にも方法があれば知りたい。

こんな疑問に答えます。

 

危険物取扱者甲種を独学で取得するための参考書

危険物取扱者甲種を独学で勉強するならオススメ参考書は、こちらです。

 

「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」 著:工藤政孝

 

決定版みたいな感じで、ほぼ網羅されています。

 

危険物取扱者甲種の資格取得を目的としていて、こだわりや周囲(上司・先生など)から特定の参考書を買えと言われていなければこれがオススメです。

 

オススメの理由

試験に必要な箇所は基本的にこの参考書にほぼ網羅されているからです。

 

解説がわかりやすく"コーヒーブレイク"などの勉強を進める上でのアドバイスも記載されているのでミニ知識が身につきます。

 

僕もこの参考書を購入していますが意外と分厚いです。

 

分厚い理由は3部作になっているため

 

①法令関係 / ②基礎的な物理・化学 / ③性質や消化方法関係 と、それぞれボリュームがあります。

 

この参考書を3周くらい回って解いていけば、ほぼほぼ対策OKかと思いますし、②基礎的な物理・化学や、③性質や消化方法は化学出身であればとっつきやすいと思います。

 

参考にリンクを貼っておきます。

 


危険物取扱者甲種の受験資格

危険物取扱者甲種の資格を取得を考えている人ならば、化学の基礎知識は修得されていると思います。

 

なぜなら受験資格が下記のように化学関連の知識を少なからず持っていることだからです。

 

受験資格〔1〕大学等において化学に関する学科等を卒業した者
〔2〕大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
〔3〕乙種危険物取扱者免状を有する者
〔4〕その他の者(その他は、修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻したもの)

 

ただ、①法令関係は普通の化学系の大学を出ただけだとあまり触れることが少ないと思いますのでちょっと頑張る必要があると思います。

 

とにかくまずは一通りやってみるのが重要。

 

この危険物取扱者甲種の参考書値段と他に必要な参考書が知りたい

当該参考書は税込 ¥3,080円 です。

 

他の参考書は、、、まずはこの参考書を3周回った後に考えた方が良いと思います。

 

ほぼ3周回ったくらいに

 

「甲種危険物取扱者試験2020年版」という過去問集がオススメです。

 

 

リンクを貼っておきます。

 

 

参考書を3周回る

過去問集はより実践的対応になりますので、基礎を身に着けるためにまずは「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」を3周回ることをオススメします。

 

受験勉強も資格勉強も似たようなところですが、同じ参考書を繰り返しやる方が身につきます。

 

是非頑張ってみてください。

 

紹介した危険物甲種以外の参考書はダメなの!?

ダメではありません。

 

ご自身に合った参考書選びをオススメします。。。

 

、、という良くある受験参考書を選ぶ時のフレーズですが、

 

こだわりすぎてもしょうがないですし、適当すぎるのも良くない。

 

そもそも危険物取扱者甲種の参考書自体が少ないので、良さそうだなと思えばそれが良いと思います。

 

逆にオススメしない参考書はあります。

 

オススメしない参考書

Kindle版の参考書です

 

電子書籍は本体を購入すれば、あとは容量が入るだけ書籍が入るので何冊でもいれられ、持ち運びにも便利です。

 

ですが、参考書など勉強の類の本は気になるところにページを飛ばせないと時間がかかります。

 

参照ページのページ数をいちいち覚えていませんし、パラパラめくりながら「ここだ、ここだ」と思い出す

 

また、落書きなんかを目安にして見たいページにたどり着くことがあります。

 

これが電子書籍でマーカー引いたりすると手間がかかり、見分けがつきづらい

 

何より隙間時間で勉強する際にバッテリー切れを起こしてしまうとかなり痛いです。

 

僕は電子書籍は小説やビジネス書、漫画など娯楽系を入れて、ハード書籍は辞書、参考書など勉強系を入れると目的に応じて使いやすいのかなと思います。

 

危険物取扱者甲種は独学【参考書】で取れる!?

取れます。

 

努力次第ですが、乙種を取った後に甲種を目指す人も少なからずいると思います。

 

大学で化学のバックグラウンドがあり参考書の内容を理解し、過去問を解いていけば普通に取得できると思います。

 

独学以外の方法

独学では時間が取りづらい、ダラけてしまって苦手という方には通信もオススメです。

 

仕事の都合上必要だけど化学のバックグラウンドがない、就職のために危険物甲種の資格が欲しいけど時間が取りづらいといった場合は、通信でやる方が効率が良いと思います。

 

スクール通いより、これからは通信が主流になってくると思います。

 

スマホで通勤中、通学中、隙間時間でもできるので通信学習の自由度とポテンシャルは高いです。

 

多少お金がかかりますが、必要に応じて選択肢の一つとしても良いのではないかと思います。

 

危険物取扱者甲種の通信講座のまとめ記事です。

危険物取扱者【甲種】の通信講座まとめ

  こんにちは くぅたろうです   危険物取扱者甲種の資格を取るため通信講座を考えているけど、どんな種類の通信講座があるのか比較検討するための情報が欲しい。 自分に合う講座が後から ...

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

-危険物取扱者