乙種 危険物取扱者 甲種

たのまなの危険物取扱者【甲種と乙種】の価格と特徴

 

こんにちは くぅたろうです

・"たのまな" の危険物取扱者の価格や特徴が知りたい

・他の通信講座と比較したメリット・デメリットが知りたい

・紙テキストで学習したいけど、どの通信講座が良いかわからない

このように思われている方は、"たのまな" での通信教育の講座を考えられていると思います。

実は "たのまな" は他の通信講座と比べて価格は少し高めです。

ですが特徴として紙テキストで学習を進めていくので動画学習が苦手な方にはオススメです。

僕は危険物甲種を取得していますが、後でテキストを見返したいという場合は出てきます。

この記事を読むと "たのまな" の価格や特徴、メリット・デメリットがわかります。

会社で危険物が奨励されている、甲種や乙4以外の資格を視野に入れている方、紙テキストで学習を進めたい方に "たのまな" はオススメです。

 

\紙テキストで学習したいなら たのまな/

 

"たのまな"の危険物取扱者【甲種と乙種】の価格と特徴

 

"たのまな" の危険物取扱者の講座は【甲種と乙種】があります

 

これ以上の細かいプランはなく、甲種か乙種で価格は決まります。以下の2つです。

 

・甲種:19,800円

・乙種:15,400円

 

価格的には他の講座と比較すると少し高めですが、特徴は紙テキストで学習を進められるため講座受講後も教材が残ります。

 

また危険物甲種の講座自体が少ない中で、 "たのまな" では受講ができますし、乙種全てカバーしていることも特徴です。

 

他の通信講座を見渡してみると、甲種の講座は殆ど開講していません。特に最も多いのが乙4のみ講座です。

 

需要によると思いますが、"たのまな" では甲種も乙種も対応可能ですので、仕事柄攻守が必要であったり、乙4以外の乙種の資格が必要な方にとっては嬉しいと思います。

 

危険物甲種取得を目指す方、乙4以外も取得したい方、乙4合格後に甲種も視野に入れて学習したい方、紙テキストで教材を残しておきたい方に "たのまな" はオススメです。

 

\紙テキストで学習したいなら たのまな/

 

 "たのまな" とは

 

"たのまな" は、250もの多種多様な講座を有する通信教育講座です。

 

危険物取扱者の講座については 甲種と乙種(全類)の講座があります。

 

"たのまな" で受講する際に、気になる点を会社概要からまとめました。

 

社名:ヒューマンアカデミー株式会社

設立:2010年4月

URL:ホームページ

講座数:250講座

 

講座数についてはダントツで多い通信教育の会社です。

 

 "たのまな" の危険物【甲種】の価格と特徴

 

甲種の価格は 19,800円 です。

 

他社と比較すると少し高めな価格設定ですが、紙テキストを使用し、かつ添削があります。

 

最近は動画学習などが主流になりつつあるかもしれませんが、"たのまな"では基本的に紙テキストで進めていきます。

 

また、学習しながら添削してもらうことで、モチベーション維持に役立ちますし、ご自身が合格点に達しているか本番を想定した確認もすることができます。

 

 "たのまな" の危険物【乙種】の価格と特徴

 

乙種の価格は 15,800円 です。

 

乙種の講座も他社と比較する限り少し高めの価格設定ですが、乙1,2,3,5,6も包まれているのが特徴的です。

 

需要が多いのは乙4で、講座も乙4のみのところが多いですが、必ずしも乙4が必要な人ばかりではありません。

 

乙1,2,3,5,6などの資格が仕事上必要な方もいると思いますので、たのまなが乙種全類網羅しているのはかなり特徴的です。

 

 "たのまな" の危険物取扱者のメリット・デメリット

 

どんな通信教育講座でも比較すればメリットとデメリットが出てきます。

 

そのなかでも"たのまな"は、効率以上に合格後も考慮した講座であるといえます。

 

それは、目標は資格の取得ですが、例えば動画講義の場合、受講後は教材が残りません。

 

資格取得後は、細かい内容は忘れてしまうことも多いですが、実務をしながらその内容を経験として積み重ねていくわけですが、教材が手元にあると自己研鑽していく資料になります。

 

紙テキストだと嵩張る、隙間時間でサッと学習に取り組みたいと思われる方にはデメリットになると思います。

 

メリットやデメリットは見方の一つの切り口でしかないので、人によってはメリットはメリットではなかったり、デメリットはデメリットではないこともあります。

 

"たのまな"を受講される場合は、ご自身に合うかまたは合わないかをよく考えて決めていく必要があります。

 

 "たのまな" の危険物取扱者のメリット

 

メリットは、以下です。

 

たのまな の危険物取扱者のメリット

・紙テキストで学習するため講座受講後も教材が残る

・甲種と乙種全類受講できる

・手厚いサポート

 

多くの講座はオンラインや動画学習が主流になりつつありますが、紙テキストで学習する "たのまな" では受講期間が終わった後も教材が残るので、必要な時に教材を見返すことができます。

 

危険物取扱者は国家資格ですので、資格取得すればそれで終わりというより、責任がともなってくると思います。

 

自己研鑽していくためにも教材がご自身のそばにあると復習することができます。

 

特に会社で費用負担してくれる場合など、動画学習ではなくあえて "たのまな" にするという手もあります。

 

そして、甲種と乙種全類が受講できる講座であることも"たのまな"のメリットになります。

 

乙種を4つ取得することが甲種受験の条件になっている場合など、甲種を見据えて受講することも考えることができます。

 

さらに質問に対して特に制限はなく、継続してわからないところがあれば講師へ質問することで直ぐに解決できるメリットがあります。

 

先述していますが、添削を一つのマイルストーンとして学習を進めていけばモチベーションを維持につながるため、これもメリットです。


\紙テキストで学習したいなら/

 

 

 "たのまな" の危険物取扱者のデメリット

 

デメリットは、以下です。

 

たのまな の危険物取扱者のデメリット

・乙種の費用が比較的高め

・動画学習はできない

 

例えば他の講座では乙4の講座において、5,000円程度で受講できるところもあるので、もし"たのまな"で乙4を取得したい場合は多少費用はかかります。

 

しかし、乙4以外の乙1,2,3,5,6の講座自体が少ないので受講後にテキストを持っておきたい方にはデメリットにはなりません。

 

また、危険物甲種の講座においては費用は平均的な価格になっています。

 

"たのまな" では動画学習ではありません。そのため、動画で学習を進めたいという方にはオススメしません

 

スマホで動画をインストールして通勤・通学の際の隙間時間で学習するといったことができません。

 

 "たのまな" の危険物取扱者の口コミ

 

しっかり学習できた、分かりやすいといった口コミがあります。

 

独学と通信教育では学習の質にかなり差があると思います。

 

独学で進めている方は、わからない箇所はご自身でグーグル先生に聞いて解決するか周囲に専門的な方に聞くなどできると思いますが、必ずしも適切な回答を得ることができるか分かりません。

 

通信教育では"たのまな"に限らず、知っている専門家の人から教わること、特に質問をしていくことで理解が深まっていくためしっかり学習ができます。

 

会社によって通信教育の教材の中身は異なり、見る人によっては良し悪しがあると思いますが、極端に変わるものではないと考えます。

 

教材を提供する際の手段は異なりますが、あくまで危険物の資格に合格させることが講座の目標であり実績となるので変な教材内容であるはずがありません。

 

できれば、口コミは多い方が良いと思いますが、会社から奨励されていたり会社で費用を負担してくれる際には、通信講座受講後でもテキストが残るものが良いかもしれません。

 

まとめ

 

・甲種と乙種全類の講座がある

・甲種は19,800円 / 乙種は15,400円

・紙テキストで受講後も教材が残る

・動画学習はないが、手厚いサポートがある

 

以上、"たのまな"の危険物取扱者は比較的高めですが、甲種または乙4以外の乙種を指す方にオススメです。

 

甲種を受講しようと思ったら、講座はかなり絞られてきますので"たのまな"はその一つになると思います。

 

特に紙のテキストで学習を進められたい方にはオススメです。

\紙テキストで学習したいなら/

 

他の危険物通信教育講座のまとめ記事は以下を参照ください。

 

乙種はこちら → 危険物【乙4】の通信教育講座

危険物【乙4】の通信教育講座を比較する

 

甲種はこちら → 危険物取扱者【甲種】の通信講座

危険物取扱者【甲種】の通信講座を比較する

 

是非、国家資格である危険物取扱者取得の参考にして頂ければと思います。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

-乙種, 危険物取扱者, 甲種