丙種 乙種 危険物取扱者 甲種

危険物取扱者資格【甲乙丙】を取得するために見積もっておくべき費用を徹底解説

 

✔︎

・危険物取扱者を取得するまでに必要な費用を知りたい

・受験費用含めたコストを知りたい

・予算内に収まるか知りたい

このように思われている方は、危険物取扱者の資格取得を考えていて予算検討していると思います。

甲種と乙種で費用は変わってきますが、独学か通信講座かなど選択する学習方法でも大きく変わってきます

僕は甲種を取得していますが、通信講座を利用した一発合格が最安コストになると思っています。

この記事を読むと危険物取扱者の取得に向けたトータルコストがわかります。

これから危険物の取得を目指す方の参考になれば幸いです。

 

危険物取扱者資格【甲乙丙】を取得するために見積もっておくべき費用を徹底解説

 

危険物取扱者は 甲種・乙種・丙種 のそれぞれ3種類があり、どれを受験するかによって費用は変わってきます。

 

しかし、それ以上にどのような学習方法を選択するかによって変わってきます。

 

ネコ
受験費用の幅は3,700円から6,600円だよ
y

 

学習方法、つまり独学でやるのか通信講座を利用するかで大きく変わってくるのです。

 

<危険物取扱者資格【甲乙丙】を取得する際の見積費用>

甲種乙種丙種
試験費用6,600円4,600円3,700円
独学(参考書)5,980円3,560円2,310円
通信講座19,800〜29,800円3,980〜39,000円16,500〜39,000円
雑費(写真代、交通費等)+α+α+α
価格帯12,580〜36,400円+α8,160〜43,600円+α6,010〜42,700円+α

 

甲種・乙種・丙種それぞれについて見積もっておくべき費用を説明したいと思います。

 

個人によって購入する経費は変わりますので、あくまで参考にして頂ければと思います。

 

甲種を取得するために見積もっておくべき費用

 

甲種の試験手数料は6,600円です。

 

なので、甲種を取得する際には最低でも6,600円かかります。

 

通信講座を利用する場合を考えてみます。

 

どの通信講座を利用するかによりますが、危険物甲種では講座が少ないのもありますが "SAT""たのまな" がオススメです。

 

SAT(Smart Academy of Tech)の場合は、価格帯が¥25,800円〜¥29,800円です。

 

SATの通信講座について詳細を知りたい方はこちらを参照ください。

SATの危険物取扱者【甲種と乙種】の価格と特徴

 

ネコ
幅があるのはeラーニングかDVDの違いだよ

 

たのまなの場合は¥19,800円です。

 

たのまなでの通信講座について詳細を知りたい方はこちらを参照ください。

たのまなの危険物取扱者【甲種と乙種】の価格と特徴

 

一方、独学で学習する際は参考書が必要だと思いますので、参考書は以下2冊使用する仮定とします。

 

「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」¥3,080円

 

「甲種 危険物取扱者試験 令和4年版」¥2,900円

 

独学の学習時間の目安はこちらを参照ください。

危険物【甲種】を取るための勉強時間

 

つまり独学で進める場合、参考書2冊購入すると¥5,980円 かかります。

 

ネコ
参考書と過去問集があれば十分かも

 

つまり、甲種を受験する際にかかる費用は以下です。

・受験費用:¥6,600円

・独学:¥5,980円

・通信講座:¥19,800円〜29,800円

 

よって、甲種を受験する際に見積もっておく費用は

 

¥12,580円〜¥36,400円(+α)です。

※αは交通費や写真代、申請書送付代などの雑費です。

 

乙種を取得するために見積もっておくべき費用

 

乙種の試験手数料は4,600円です。

 

なので、乙種を取得する際には最低でも4,600円かかります。

 

ネコ
甲種よりちょっと安いね

 

乙種の通信講座を利用した場合の費用はかなり料金幅があります。

 

乙4の通信講座は甲種に比べて多くありますので、安いものだと1,000円から高いものだと4万円近くまであります。さらにサブスクまであるので、契約期間によっても変わってくるため複雑です。

 

ここではSAT、スタディング、ユーキャン、たのまな、オンスク.JP、フォーサイトを利用する場合を見ると以下です。

・SAT:7,800〜19,800円

・スタディング:4,950円

・ユーキャン:39,000円

・たのまな:15,400円

・オンスク.JP:3,980円

・フォーサイト:10,800円

 

つまり、通信講座を利用した場合の価格帯は3,980円〜39,000円となります。

 

ネコ
ずいぶん幅があるな〜 よく見てみよう

 

乙種の通信講座についての詳細はこちら

危険物【乙4】の津新教育講座を比較する

 

独学で学習する場合は、前述の甲種と同じく参考書が必要だとすると以下の2冊がオススメです。

 

「10日で受かる!乙種第4類危険物取扱者すい〜っと合格」¥1,760円

 

「乙種4類 危険物取扱者試験 2021年版」¥1,800円

 

独学の学習時間目安はこちらを参照ください。

危険物【乙4】を取るための勉強時間<独学で合格>

 

独学でやる場合は、参考書代がおよそ¥3,560円かかります。

 

まとめると以下です。

・受験費用(試験手数料):¥4,600円

・独学:¥3,560円

・通信講座:¥3,980円〜39,000円

 

よって危険物取扱者【乙種】を取得する際にかかる費用は、試験費用も含めると

 

¥8,160円〜¥43,600円(+α)です。

 

ネコ
甲種より費用がかかる場合があるのか〜それだけ人気の資格なんだね

 

丙種を取得するために見積もっておくべき費用

 

丙種の試験手数料は3,700円です。

 

前述同様、丙種を取得する際には最低3,700円かかります。

 

通信講座を利用する場合、以下があります。

 

ユーキャンと日本能率マネジメントセンターで開講していますので今回はこれを参考にします。

 

各通信講座費用は以下です。

・ユーキャン:39,000円

・日本能率マネジメントセンター:16,500円

 

以上から丙種の通信講座の価格帯は16,500円〜39,000円となります。

 

ネコ
丙種でもそれなりにかかるんだ

 

独学で学習する場合は、以下2冊使用するとします。

 

「1回で受かる!丙種危険物取扱者 テキスト&問題集」¥1,210円

 

「丙種危険物取扱者試験 第2版」¥1,100円

 

つまり独学でやる場合は¥2,310円かかります。

 

まとめると以下です。

・受験費用(試験手数料):¥3,700円

・独学:¥2,310円

・通信講座:¥16,500円〜39,000円

 

よって、危険物取扱者【丙種】を取得する際にかかる費用帯は、試験費用を含めて

 

¥6,010円〜¥42,700円(+α)です。

 

ただし、あくまで個人的な主観ですが、丙種を通信講座を利用して取得することを考えているなら、乙4を取得した方が良いです。

 

丙種も国家資格ではありますが、乙4の方が需要が高く扱える範囲も広いためです。

 

「将来的に乙4を取得したい」ともし考えられているなら、最初から乙4を狙って取得する方が無駄がありません。

 

ステップアップで丙種から、、という考えは僕は必要ないと思います。

 

ただし、即席でどうしても取得しないといけないならこの限りではありません。

 

ネコ
せっかく通信講座でお金をかけるなら乙4から取ったほうが良いよ

 

見積もっておくべき費用

 

 

以上、基本見積もっておくべき費用は試験費用、書籍代または通信講座費になります。

 

もちろん独学で進める場合で参考書1冊だけであったり、前述した以外の参考書を使用する方もいます。または、先輩に教わったり教材を譲り受けたりする場合もあると思います。

 

ネコ
大ネコ先輩は忙しいなー

 

そのため見積っておく費用はケースバイケースで変わりはしますが、おおよそこのくらいは見ておくべき費用として把握していただければと思います。

 

意外と支出が多いなーとか後で思うより、およその金額を把握しておくと心配が減ります。

 

再度ですが、甲乙丙で見積もっておくべき比較表は以下です。

 

<危険物取扱者資格【甲乙丙】を取得する際の見積費用>

甲種乙種丙種
試験費用6,600円4,600円3,700円
独学(参考書)5,980円3,560円2,310円
通信講座19,800〜29,800円3,980〜39,000円16,500〜39,000円
雑費(写真代、交通費等)+α+α+α
価格帯12,580〜36,400円+α8,160〜43,600円+α6,010〜42,700円+α

 

一部価格を押し上げているものもありますが、人によって費用の感じ方は違います。

 

ご自身の予算に合った学習方法で危険物取扱者の資格を取得されることを願います。

 

まとめ

 

・危険物取扱者資格【甲乙丙】を取得するために見積もっておくべき費用を説明しました

・甲乙丙それぞれの試験費用は異なりますが、学習方法によって費用は変わってくることを説明しました

 

以上、危険物取扱者資格を取得する際の見積費用を概算しました。

 

前述の通り、人によってかかる費用は一様ではないため一概には言えません。

 

しかし、必ずかかってくる費用はありますし、選択する学習方法によってある程度の費用はわかります。

 

資格の取得を決めているなら、ご自身の予算によってどの学習方法を選択するの材料にして頂ければと思います。

 

これから危険物の資格取得を目指される方の参考になれば幸いです。

 

以上、最後までお読み頂き有難うございました。

  • この記事を書いた人

くぅたろう

主に危険物や技術士等の技術系資格をメインに情報を発信中! 大手エンジニアリング会社で危険物甲種を取得後、エンジニアとして仕事をしています。 高校卒業→中小企業就職→理系大学・大学院卒→大手エンジニアリング会社入社→現在

-丙種, 乙種, 危険物取扱者, 甲種