乙種 危険物取扱者

危険物【乙4】の通信教育講座を徹底比較【おすすめ6選】

 

✔︎

・危険物【乙4】の通信教育にどんな講座があるか知りたい

・通信講座の種類がたくさんありすぎてわからない

・独学は不安なので自分にあった通信講座を見つけたい

危険物取扱者など資格取得のためには、通い、通信講座または独学で勉強するなどのいずれかの方法があります。

最近はオンラインの通信講座がすすんでいるので、危険物乙4の通信講座を調べている方もいらっしゃると思います。

ただ、いまいち違いがわからないであったり、自分にどの講座がおすすめであるかで悩まれていないでしょうか。

実際、通信教育の講座はたくさんあり一見類似しているように見えますが、しっかりと長所と短所があります。

僕は危険物甲種を取得していますが、過去に通信教育の講座を受けたこともあります。

スピード重視で学びたい方や、時間をかけてしっかり学びたい、またはコストを抑えて学びたいなどさまざまな需要があります。

本記事ではご自身に合った講座が見つかると思います。

これから危険物乙4の通信教育を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

 

危険物【乙4】の通信教育講座を比較一覧

 

今回比較した講座は SAT(Smart Academy of Tec)、スタディング、ユーキャン、たのまな、オンスク.JP、フォーサイトです。

 

価格、教材、特徴、おすすめ対象者等に注目して比較しました。(※多少主観は入っています)

 

通信講座名SATスタディングユーキャンたのまなオンスク.JP
フォーサイト
価格7.800円9.800円19.800円4.950円39,000円15,400円980円/月額〜3,980円〜10,800円
教材動画DVD動画+DVD動画紙テキスト+動画紙テキスト動画紙テキスト+動画
質問10回までなし3回/日ありなし制限あり
特徴保証が充実安い、効率的学習サポート充実サポート充実サブスク業界最安値教材がカラフル
教育訓練給付制度なしなしありなしありなしなしなしなし
設立2013年1月2010年1月1954年6月2010年4月2013年5月1993年4月
おすすめ対象者効率重視効率+品質重視コスパ重視しっかり学習したい紙テキストで学習。
合格後も教材を残したい
他の資格と併用コスパ重視品質・バランス重視

※教育訓練給付制度とは、国が資格取得のために出す給付金で20%還元されます。

 

見ての通り価格や教材、特徴など似ている講座もあれば、かなり異なるものもあります。

 

設立から70年近く実績のある講座もあれば、最安1,000円から始められるもの、4万円近くかかるがサポートがしっかりしているものなど様々です。

 

SAT(Smart Academy of Tec)の特徴

※SATホームページより引用

 

コスト控えめで、品質と効率にこだわりたい人にオススメです。

 

SATの特徴

・合格率 86.3 %一般合格率の2倍以上!

・勉強苦手、知識ゼロでも相場の半分の勉強時間で一発合格!

・30日間返金保証!

・乙種から甲種まで対応!

 

SATの教材プランを紹介します。プランは3つあります。

 

SATの3つのプラン

・動画

・DVD

・両方

 

”両方” のメリットがあまりないかもしれませんが、このプランだと教育訓練給付制度が付きます。

 

また、SATの特徴は保証が充実していることです。

 

そして、将来的に甲種や他の乙種も取得したい場合には、その講座もあります。

 

比較的コストは控えめであり、品質にもこだわってバランスよく学習したい方にSATはオススメです。

 

\バランス重視で学習したいならSAT/

SAT に申し込む

 

詳細はこちらの記事を参照ください。

SATの危険物取扱者【甲種と乙4】の価格と特徴

 

スタディングの特徴

※スタディングHPより引用

 

コスパ重視の人にオススメです。

 

スタディングの特徴

・業界最安値クラス!

・合格お祝い制度でAmazonギフト1,000円!

・学習効率アップシステム

 

低価格に加えてスキマ時間を使った効率的学習とAIを取り入れた勉強最適化が持ち味です。

 

理系知識があまりなく基礎からしっかり学習したい人にはあまりオススメしません。

 

また紙テキストはないので、動画学習が嫌いな人にもオススメできません。

 

とにかくコスパ重視で学習したい方にスタディングはオススメです。


\コスパ重視で学習したいならスタディング/

 

さらに詳細はこちらの記事を参照ください。

スタディングの危険物取扱者【乙4】の価格と特徴

 

ユーキャンの特徴

※ユーキャンH Pより引用

 

コストは気にせずしっかり学習したい方にオススメです。

 

ユーキャンの特徴

・教育訓練給付制度対象講座!

・添削5回でモチベーション継続

・教材が豊富!

 

CMでもお馴染みのユーキャンですが、特徴は理系の知識がない方や資格勉強を進めるのに不安がある方などに合っていると思います。

 

毎日質問できて添削などもあるため、ユーキャンではしっかりしたサポートが整っています。

 

通信教育の雄というか、設立が昭和でかなりの古株なので受験者ノウハウは一番あると思います。

 

ただし、コストを抑えたい方にはオススメしません。

 

1からしっかり学んでいきたい方にユーキャンはオススメです。

 

\実績のある通信教育で学びたいならユーキャン/

 

さらに詳細はこちらの記事を参照ください。

ユーキャンの危険物取扱者【乙4と丙種】の価格と特徴

 

たのまなの特徴

※たのまなHPより引用

 

紙テキストでコツコツ進めたい方にオススメです。

 

たのまなの特徴

・全て紙テキストでの学習!

・乙種から甲種まで対応!

・添削4回受けられる

 

スマホやパソコンを使って学習するのが苦手な方や、質問を何回でも気にせずしたいという場合にはうってつけです。

 

ですが、なるべくコストを抑えたい方や動画で学習したい方にはあまりオススメしません。

 

ケータイはガラケー、紙テキストの方がしっくりくる方にたのまなはオススメです。

 

\紙テキストで学習したいなら たのまな/

 

さらに詳細はこちらの記事を参照ください。

たのまなの危険物取扱者【甲種と乙種】の価格と特徴

 

オンスク.JPの特徴

※オンスク.JP HPより引用

 

とにかくコスパ最優先で進めたい方にオススメです。

 

オンスク.JPの特徴

・サブスクで月980〜の低価格!

・乙4以外の講座も受講できる!

・全356問の豊富な演習教材

 

プランがいくつかありますが、危険物の講座だけでなく他の資格の講座も受講できるのが特徴です。

 

ただし、あれもこれもと言って学習を並行して進めると、”一頭も得ず” 状態になる可能性もあるので注意です。

 

多くても2、3個の講座内での受講、または一括で支払う1講座に集中するプランがオススメです。

 

時間を取って一気に危険物乙4の全体概要を把握したい、コスパ最優先という方にオンスク.JPはオススメです。

 

\コスト最重視ならオンスク.JP/

 

さらに詳細はこちらの記事を参照ください。

オンスク.JPの危険物取扱者【乙4】の価格と特徴

 

フォーサイトの特徴

※フォーサイトHPより引用

 

コスト抑えめで質の高い教材で学習したい方にオススメです。

 

フォーサイトの特徴

・良心価格で高品質なフルカラー教材!

・合格するために必要な知識だけが書かれている合格点主義テキスト!

・無料体験学習あり!

 

料金は業界内では高すぎず・安すぎず、です。

 

教材にこだわっていて動画と紙テキストがあります。

 

講座の中ではSATと似ているかもしれません。

 

質問できる回数は限られていますが、カラーテキストや熱量のある動画です。

 

全体的に価格・教材等のバランス良い講座です。試験に合格すればAmazon 1,000円もらえます。

 

コスパと教材の質にこだわって学習したい方にフォーサイトはオススメです。

 

\料金・品質バランス重視ならフォーサイト/

 

さらに詳細はこちらの記事を参照ください。

フォーサイトの危険物取扱者【乙4】の価格と特徴

 

まとめ

 

・効率、品質重視ならSATがオススメ!

・コスパ重視ならスタディングがオススメ!

・初心者でもしっかり学ぶならユーキャンがオススメ!

・紙テキストで学習したいならたのまながオススメ!

・コスパ重視、他の資格講座も受けたいならオンスク.JPがオススメ!

・品質・バランスよく学習したいならフォーサイトがオススメ!

 

個人的には、SATまたはフォーサイトがオススメ!

 

※価格と特徴などをまとめましたが、主観も入っていることはご承知おきください。

 

それぞれの通信教育講座に長所・短所・特徴がありますが、必ずしも講座にラベルを貼る必要はありません。

 

こういっては元も子もありませんが、なぜなら人によってはメリットはメリットでなく、デメリットはデメリットではないからです。

 

そして、どの講座で受講しても受講されなくても、結局はご自身が学習を継続できるか、が重要です。

 

合格する人はどの講座を受講しても合格するし、しない人はしません。

 

再び、こういっては元も子もないかもしれませんが、通信教育を受講すれば受かることが保障されているわけではないからです。

 

ただ、個人的にはどの通信講座を受講しても合格できるだけのコンテンツはあると思いますし、無駄にはならないです。

 

危険物の試験は満点を取る必要はありません。6割取得で合格できます。

 

本記事をご覧になった方が、ご自身の学習のやり方・進め方に合った講座を選択し、危険物取扱者乙4に合格するための参考になれば幸いです。

 

甲種の通信講座も比較したい方はこちらの記事を参照ください。

危険物取扱者【甲種】の通信講座を比較する

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

くぅたろう

主に危険物や技術士等の技術系資格をメインに情報を発信中! 大手エンジニアリング会社で危険物甲種を取得後、エンジニアとして仕事をしています。 高校卒業→中小企業就職→理系大学・大学院卒→大手エンジニアリング会社入社→現在

-乙種, 危険物取扱者