危険物取扱者

危険物取扱者【甲種】を取るため勉強時間

 

こんにちは くぅたろうです。

理系大卒のバックグラウンドを生かして資格を取りたい。資格を取って再就職したい。

危険物取扱者甲種を考えており、おおよその勉強時間の目安が知りたい。

こんな疑問を持つ方、また、1日の勉強時間があまり取れないけど1日の勉強時間の目安はどのくらい?

これから危険物甲種の資格を取ることを考えている方の参考になればと思います。

 

危険物取扱者甲種を取得するための勉強時間【理系卒】

 

理系卒というバックグラウンドを生かして、危険物甲種を取得するための勉強時間は 111日(222時間)です。

 

今回は参考書2冊をもとに勉強時間を算出しました。

 

その参考書というのは以下の2冊です。(下段は過去問)

 

「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」

 

「甲種危険物取扱者試験 2020年版」(最新)

 

(通信講座は利用せず参考書を使用して独学をするベースです)

 

危険物甲種取得に向けた具体的な勉強時間算出

 

「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」の参考書は、目次・索引などのページを引いて実際使用するのは458ページほどになります。

 

ちなみに危険物甲種の試験科目は、法令・物理学及び化学・性消の3科目です。

 

参考書で具体的に使用するページ数

・法令:124ページ

・基礎的な物理・化学:136ページ

・危険物の性消:198ページ

⇒合計458ページ

 

1日にかけられる勉強時間を2時間とします。

 

2時間では少ないという意見もあるかもしれませんが、2時間取れない日もあるでしょうし、逆に3時間取れる日も勉強続けていればあると思いますが、あくまで平均時間です。

 

土日休日にまとめて勉強したり、逆に1日4時間やって休日は勉強しなかった、図書館やカフェで席が取れなかった、そんな時もあるかもしれません。

 

ということでベースを平均2時間として勉強すると目安

 

法令12ページ/2時間、基礎的な物理・化学20ページ/2時間、性消12ページ/2時間

 

くらいで進むと思います。(人によりますが目安)

 

基礎的な物理学と化学というのがありますが、理系卒であればかなり優しく見えるので速攻で終わります。

 

なので、2時間で20ページ。

 

ただ、法令や性消はいくら理系卒でも見慣れておらず少し時間がかかると思いますので、2時間で12ページとしています。

 

ここから

 

・法令(124ページ) ⇨ 124/12 = 10.3日

・基礎的な物理学及び化学(136ページ) ⇨ 130/20 = 6.5日

・性消(198ページ) ⇨ 198/12 = 16.5日

 

合計 ⇒ 10.3+6.5+16.5 ≒ 33日(1日2時間ベース)

 

つまり、458ページを33日(約1ヶ月と少し)で終了します。

 

勉強には繰り返しが重要

 

勉強には繰り返しが重要なので参考書を2回繰り返すことにします。

 

2回目にかかる時間は1回目の1.5倍速で終わるとします。

 

そうすると、33 + 33/1.5 = 55 日となり、

 

模擬試験が付属でついていますので、これも2回やるとして勘定して丸めると 60日 となります。

 

「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」の参考書を1日2時間ペースで進め2回繰り返すと目安は60日

 

もう一冊「甲種危険物取扱者試験 2020年版」があります。

 

これは参考書というよりは過去問集で、461ページほどあります。

 

危険物甲種の試験は選択問題ですので、基本的に問題を時まくる感じで要領よく進むと思います。

 

2時間勉強にかければ、30問くらいを答え合わせも含めてできるのではないかと思います。

 

ということで、2時間で15ページ進むとすると

 

461/15 = 30.7日です。(一律15ページで進むものとしています。"基礎的な物理学及び化学"が、"物理学及び化学"となり多少難易度が変わるため)

 

2回目を1.5倍速で進むものとして考慮すると、31 + 30.7/1.5 ≒ 51日 となります。

 

つまり、こうなります。

 

「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験」と「甲種危険物取扱者試験 2020年版」を1日2時間かけて2周するとかかる日数と時間は...

⇒ 111日(222時間)⇒約3ヶ月と3週

 

 

危険物【甲種】に合格するためにかかる実際の勉強時間

 

先に、危険物甲種を取得するための勉強時間を出しましたが実際の勉強時間はもっと短くても良いと思います。

 

理由は、危険物取扱者甲種は正答率60%で合格するからです。

 

甲種を受ける際に必要な科目を正確に記載すると以下となります。

 

危険物取扱者甲種の試験科目

・危険物に関する法令(15問)

・物理学及び化学(10問)

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(20問)

 

これら全てにおいて満点を取る必要は全くなく、全ての科目で60%以上取れれば良いのです。

 

つまり、2冊の参考書を1周して各科目で70%くらい取れる人ならあとは適当にやっても良いかもしれません。

 

60%程度ならちょうど良い勉強期間なのかもしれません。

 

危険物取扱者【甲種】を目指す理系卒以外の人の勉強時間

 

バックグラウンドによります。

 

甲種には受験資格があります。

 

詳しくは以下のリンク

 

危険物取扱者甲種の受験資格

  こんにちは くぅたろうです   危険物取扱者の甲種を受験する前に自分に資格があるか知りたい。 受験資格があるなら甲種の難易度を概要でも知りたい。 こんな疑問に答えます。 &nb ...

 

乙種の免状を4つ以上持っている人が甲種を受ける場合、そもそも法令も性消も慣れていますので短期間で試験対策は終了です。

 

1ヶ月もあれば対策できるのではないでしょうか。

 

「フォーサイト」という資格取得の講座ホームページでは、危険物甲種の勉強時間目安が70~80時間とされています。

 

が、個人的にこれは乙種の免状4つ以上持ってるような試験に慣れてる人以外は難しいと思います。

 

法令も性消も知らない理系大卒の人がやっても70時間程度ではやるのは、余程要領が良い人でないと難しいです。

 

鉛筆コロコロで、もしかしたら受かるのかもしれません...

...受かりませんね。。

 

文系卒だけど化学の単位を取って受験資格がある人の場合、物理学及び化学には少し抵抗があるかもしれませんが、法令や性消は理系卒とスタート地点はあまり変わりませんので、前述の試験期間程度または少し多め程度ではないかと思います。

 

まとめ

 

・危険物取扱者甲種を取得するための勉強時間は、1日2時間とすると111日(参考書2冊使用)

 

・バックグラウンドによって勉強時間は変わりますが、乙種を4つ以上持っている人は早い。文系卒でも約4ヶ月程度

 

・鉛筆コロコロでは受かりません

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

通信講座を検討されている方は以下の記事を参考にしてください。

 

危険物取扱者【甲種】の通信講座まとめ

  こんにちは くぅたろうです   危険物取扱者甲種の資格を取るため通信講座を考えているけど、どんな種類の通信講座があるのか比較検討するための情報が欲しい。 自分に合う講座が後から ...

 

-危険物取扱者

© 2021 資格まるさん格 Powered by AFFINGER5