危険物取扱者 甲種

危険物【甲種】試験の合格率で高い月と低い月がある!?<合格率イコール難易度ではない>

 

こんにちは くぅたろうです

✔︎

・危険物甲種試験の合格率から難易度を測りたい

・合格率からモチベーションを維持したい

・甲種取得に向けて自分のバックグラウンドで通用するか知りたい

このようなことを思われている方は、甲種取得を目指して勉強しようとされていると思います。

実は甲種の合格率は30〜40%程度ですが、一概に難易度には結びつきません。

甲種は受験資格がありますので、どのような経路で受験するかによっても難易度は変わってきますし、勉強方法によってもかかる時間が変わるからです。

この記事を読むと危険物甲種の合格率や難易度がわかります。

これから危険物取扱者甲種の取得を目指す人の参考になれば幸いです。

 

危険物【甲種】試験の合格率

 

甲種の合格率は2015年〜2019年の統計で見ると、低い時で32%、高い時で40%程度です。

 

つまり、10人に3, 4人が合格しています。

(統計は消防試験研究センターで確認できましたが、2022年時点ではページが消えて確認できません。)

 

毎年10人中3, 4人がコンスタントに合格する、つまりおおよそ問題の難易度は固定されています。

 

バックグラウンド(理系・文系・職種等)によって勉強にかける時間は多少変わってくると思いますが、出題される範囲は大抵参考書に網羅されているので参考書を何周かして、過去問を解いていけば受かる可能性は高いと思います。

 

<危険物甲種の受験者数、合格者と合格率>

2015年~2019年 (H.27~R.1)受験者 (人)合格者 (人)合格率 (%)
2019 (H.31, R.1)19,5407,72140
2018 (H.30)20,9778,35840
2017 (H.29)22,5048,38837
2016 (H.28)22,8457,65334
2015 (H.27)22,9057,38132

 

2015年から年々受験者数が減少していますが合格率は上がっています

 

2015年と比較すると受験者が3,000人近く減っているのに合格者数はほぼ変わらりません。

 

憶測ですが、とりあえず受けとく的な受験が減った、参考書が極めすぎている等々考えられることはありますが実際はわかりません。

 

人口統計から見る受験者の減少

 

バリ働く30代の受験者が減ったことは厚生労働省の人口統計からわかります。

 

20~24歳は30万人程増えていますが、35~39歳のバリ働く世代は90万人近く減っています。

 

20~39歳まで合わせると2015年から2019年までで150万人減少しており、仕事が忙しくて受験はしたけど勉強せず合格率が下がる母数が減ったと個人的には思います。

 

逆に20~24歳の若手受験者は、大学生が多く勉強することに慣れているため、合格率を押し上げている可能性もあります。

 

人口推移 (単位:千人)2015年2016年2017年2018年2019年
20~24歳6,0916,1506,2286,3306,388
25~29歳6,5326,3936,2916,2236,240
30~34歳7,3967,2577,1126,9366,752
35~39歳8,4178,1177,8847,6947,551
合計28,43627,91727,51527,18326,931

 

 

危険物甲種の合格率が高い月、低い月はある!?

 

あります。

 

統計を俯瞰してみると、危険物取扱者甲種の合格率の高い月、低い月が過去5年の統計(2015~2019年)でわかりました。

 

合格率が高い月

 

9月、10月、12月です。

 

合格率が低い月

 

1月、2月、6月です。

 

※あくまで統計上の合格率ですので、受かりやすい・受かりにくいを保証するものではありません。

 

危険物甲種の試験は各地域で実施月が決まっていますが、合格率の高い 9, 10, 12月に特段試験回数が少ないことや多いことはありません。

 

2015~2019年までの月別受験者、合格者及び合格者率が下記です。

 

4月 (Apr.)5月 (May)6月 (Jun.)7月 (Jul.)8月 (Aug.)9月 (Sep.)10月 (Oct.)11月 (Nov.)12月 (Dec.)1月 (Jan.)2月 (Feb.)3月 (Mar.)
受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率受験者合格者合格率
2019年68626238382150394,1561,5473794839542275111402,022895441,536648423,5111,349381,88175640453164363,0401,1763965026841
2018年46217939849364434,5261,597359954114122290411,380555402,2611,023453,6701,444391,37957342473162343,1011,269411,65969142
2017年31410533708249354,8251,678351,36153940326126391,413508362,7241,069394,1731,64439980411421,458512353,1701,200381,05234733
2016年425131311,459459324,3221,320311,3184213279929937365152422,7521,086404,3441,441331,42850535661177274,0811,3653389129733
2015年361137381,457461324,7751,396297872663478724932669273412,584812314,9441,5683271527338816243304,2521,4493475825434
平均 (Average)45016336971337364,5211,508331,08240638482175381,170477412,371928404,1281,489361,27750440772252323,5291292371,00237137

 

 

2018年度の合格率は低い時で34.2%、高い時で45.2%で推移しています。

 

危険物甲種試験は各地で毎月開催されています。

 

例えば2018年の月別で比較してみると下記になります。

 

地域別4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
北海道1121111
青森412612
岩手211321
宮城12112
秋田121111
山形223111
福島2212
茨城22111
栃木111
群馬11
埼玉121122
千葉221
東京11112
神奈川111
新潟1111
富山332
石川2222313
福井1121
山梨1121
長野4312
岐阜1222
静岡121
愛知111312212
三重22
滋賀11111
京都11112
大阪111111
兵庫221
奈良1111
和歌山1111
鳥取12
島根22
岡山11
広島22
山口22
徳島1111
香川111
愛媛111
高知211
福岡21111
佐賀11
長崎12
熊本121
大分11
宮崎11
鹿児島11
沖縄1111
合計311601672139451193210

 

 

受験者数は6月、11月、2月が圧倒的に多くなっています。

 

危険物取扱者甲種受験者のバックグラウンドによる合格率

 

大学での専攻などバックグラウンドによっても合格のしやすさは変わると思います。

 

ですが、努力でなんとでもなるので、合格率30%くらいだからといって辞める必要は全くありません。

 

 

理系は物理と化学に関してとっつきやすいので時間はさほどかからないと思います。

 

一方、法令と危険物の性質・消火方法については初めて触れる人も多く対策・勉強のウェイトが多くなります。

 

法令や暗記ものが得意な人(が多いイメージ)には有利です。そのぶん、物理と化学にウェイトがいくことが考えられます。

 

そして、高卒や職人でも危険物甲種を取るなら既に職業に付かれてる方が多いと思います。

 

既に職場で危険物を扱っていたり、見慣れた法令があるかもしれません。

 

職業上で関わっていれば、前知識があって有利だと思います。

 

危険物取扱者の資格は、職業柄必要な場合もあります。高卒で工場で働きながら会社を経営し、工学系の資格をいくつも持っている方も個人的な知り合いでもいます。

 

合格率は気にしない

 

合格率30%だからといって、一概に難しいとか易しいということはできませんが、あくまで指標の一つですので気にする必要はないと思います。

 

技術士のような10%程度の合格率だとかなり難しいんじゃないかと思いますが、危険物資格は正しい勉強の仕方さえやっていれば普通に合格できる資格だと思います。

 

100点満点取る必要もなく、6割正解で合格ですので、バックグラウンドによりますが2、3ヶ月程度あれば合格できると思います。

 

効率的な勉強法は、通信が手っ取り早いですが参考書を買って独学で合格することも可能です。

 

通信教育講座を利用すれば、より効率的に学習が進むため体感的な難易度は下がるかもしれません。

 

また、ご自身の時間節約にもなりますので、一考されても良いと思います。

 

詳しくはこちらの記事を参照ください。

危険物取扱者【甲種】の通信講座を比較する

 

まとめ

 

・危険物【甲種】試験の合格率は約30%。

・合格率が高い月と低い月がある。

・合格率はただの指標なのであまり気にしない。

 

合格率は一つの指標で参考にはなりますが、必ずしもその難しさを決めるものではないと思います。

 

ご自身で実際問題を見てみて、この程度の難易度で、ある程度の期間があれば6割以上取れそうだ、と思うことが大切だと思います。

 

甲種資格取得のために、ざっと出した勉強時間は以下を参照頂ければと思います。

危険物【甲種】を取るための勉強時間

危険物【甲種】を取るための勉強時間

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

-危険物取扱者, 甲種