危険物取扱者

危険物取扱者の資格手当

 

こんにちは くぅたろうです

 

危険物取扱者の資格を取得した時の手当を知りたい。 手当て以外にどんなメリットがあるか知りたい。 ちょっと時間があるので将来役に立つ資格を取りたい。

こんな疑問を持つ方に答えます。

 

危険物取扱者の資格を取得した時の手当は?

 

会社によります。

 

会社によって危険物取扱者の資格の重要度が異なりますので、手当が出る会社もあれば出ない会社もありますが、石油関係・化学メーカー・プラント系など資格に関係ある会社は出る可能性が高いと思います。

 

例えば、某エンジニアリング会社では危険物取扱者資格取得に対しては以下のように手当がでます。

 

某エンジニアリング会社の資格手当

丙種:1,000円/月

乙種:1,000円/月

甲種:1,500円/月

 

毎月出るので甲種を取得すれば無条件で年間18,000円毎年もらえます。

 

ご自身の会社の規定を確認してみてはいかがでしょうか。

 

危険物取扱者の資格を持つ手当以外のメリット

 

先に挙げた手当もそうですが、国家資格なので有資格者でなければできない仕事があります。つまり就職に役立ちます。

 

危険物取扱者【丙種】

危険物は第1類〜第6類までありますが、丙種資格者は第4類の危険物が取り扱えるようになります。

 

その第4類のなかでも以下の危険物のみ取り扱いと定期点検ができます。(第4類の中に第1石油類、第2石油類、動植物油類などさらに分けられています)

 

ガソリン・灯油・重油・軽油・潤滑油・第3石油類(引火点130℃以上)・第4石油類・動植物油類

 

危険物丙種は取り扱える範囲もかなり限られていますが、対象危険物のタンクローリーを運転する際や(大型免許や牽引免許が別途必要)、ガソリンスタンドでも役立ちます。

 

ただ、職務上必要であれば、できれば乙4種を取得することをオススメします。

 

乙4種の方がカバーできる範囲が広いからです。

 

危険物取扱者丙種の受験資格はなく学生でも受験でき、受験料は3,700円です。

 

危険物取扱者【乙種】

 

危険物第1類〜第6類の取得した類の危険物のみ取り扱えるようになります。

 

需要が多いのは4類です。

 

よく「乙4」と言われ、石油プラントや化学工場、ガソリンスタンドなど職務上必須としている会社もあり需要が高いです。

 

消防法で定められる危険物を取り扱う国家資格なので、無論消火活動を行う消防士でも取得して損はない資格です。

 

(僕は消防士ではないですが、なんでもかんでも水ぶっかければ良いわけではなく、禁水の薬品や消火剤の種類を知らずして消火活動はできないですね)

 

危険物丙種より扱える範囲が広くなり、6ヶ月以上の実務経験で危険物保安監督者にもなれます。(危険物保安監督者になれるとは限りません。なれる資格があるだけです。)

 

危険物取扱者乙種の受験資格はなく学生でも受験でき、受験料は4,600円です。

 

危険物取扱者【甲種】

 

消防法で定められる危険物第1類〜第6類まで全て取り扱うことができます。

 

乙種同様6ヶ月以上の実務経験で危険物保安監督者になれます。

 

乙種を複数取得する必要がある場合は、甲種を取得する方が手っ取り早く良いかもしれません。

 

甲種は受験資格が定められており、丙種・乙種より試験の出題範囲は広くて難しくなっています。

 

危険物取扱者甲種の受験料は6,600円です。

 

危険物取扱者の資格を取得する必要がある人、必要はないが取得する人

人それぞれ理由がありますが、もし時間が余っていて化学メーカーや石油プラントなどに就職したい場合は取っておいて損はないと思います。

 

危険物取扱者の資格を取得する必要がある人、例えば石油関係や化学メーカーで勤務していて職務上資格が必須な人は特定の乙種だけでも取る必要があります。

 

扱う薬品が多岐にわたる場合は甲種を取得する方もいるかもしれません。

 

逆に時間が余っていて将来役立つ資格を何か考えていて、化学メーカー・プラント業界などを検討している方は取得をオススメします。

 

就職に絶対有利とは言えませんが、関連会社への就職を考えていているならば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

特に時間に都合がつけやすく、勉強に熱が入りやすい学生の方は危険物取扱者の有資格者になることは自己投資の一つだと思って検討してみることをオススメします。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-危険物取扱者

© 2021 資格まるさん格 Powered by AFFINGER5