乙種 危険物取扱者

危険物【乙4】の合格率からみるムズカシさ[5ヵ年分]

 

こんにちは くぅたろうです

 

危険物【乙4】の取得を考えていて第4類の合格率を知りたい。

受験者数、合格者数や合格率など過去5年間のわかりやすい比較が知りたい。

このように思われている方は、合格率からどの程度の難易度であるかを知りたいと思われている方だと思います。

実は合格率=難易度ではないので注意が必要です。

乙4の平均的な合格率は約34%ですが、この値で乙4が難しい、または易しいと判断することはオススメしません。

僕は理系のバックグラウンドで甲種を取得していますが、理系の知識だけでは乙4も取得できないと思っています。

この記事を読むと試験内容にある3科目のうち、それぞれの目安の合格率がわかります(主管的なところもあります)。

考えておくべき合格率を知ればそこまで低い試験ではないことがわかります。

 

これから危険物乙4の取得を目指される方の参考になれば幸いです。

 

 

危険物【乙4】の合格率からみるムズカシさ[過去5ヶ年分]

 

乙4(危険物取扱者乙種第4類)と乙種全体の過去5年間の受験者数、合格者数と合格率は以下です。(データは消防試験研究センターより引用)

 

危険物乙4第4類乙種全体合計
受験者(人)合格者(人)合格率(%)受験者(人)合格者(人)合格率(%)
2019(H.31~R.1)221,86785,66938.6282,416126,87544.9
2018(H.30)240,10293,66739.0304,356136,47144.8
2017(H.29)256,58788,32834.4325,411135,21041.6
2016(H.28)264,94676,57528.9331,258120,62536.4
2015(H.27)271,23479,71829.4342,399127,11437.1
平均250,94784,79134.1317,168129,25941.0

 

平均すると受験者数は 約25万人

 

そのうち合格者は 8万5千人

 

合格率は 約34%となっています。

 

この約34%という数字が、多いのか少ないのか分かりません。

 

多いという見方もあれば少ないという見方もあります。

 

そもそも試験内容がわからないと分かりません。試験愛用の概略は以下です。

 

試験内容は以下の科目を受験し、6割取れれば合格です。休憩を除くと合計2時間の試験です。

各科目で6割以上の得点率

・危険物に関する法令 :15問出題

・基礎的な物理学及び基礎的な化学 :10問出題

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 :10問出題

 

難易度についての詳細記事はこちら → 危険物【乙4】の難易度

 

合格率34%は難しい!?

 

危険物乙4の試験は、年に3人に1人しか合格しないので難しい試験です。

 

難しい理由は、学校で習った理系科目だけでなく法令もあるからです。

 

物理・化学は習ってきたが法令は全く無知な人から見れば、理系科目はできても3人に1人しか合格できない試験なのか、と難しく見えます。

 

そして誰でも受験できる手前、逆に暗記は得意だけど理系科目は苦手である人には難しく見えます。

 

その場合、理系科目はこれまででほとんど勉強していない人から見れば、暗記は得意だけど理系科目がネックとなり、3人に1人しか合格できない試験なのか、と難しく見えます。

 

よって、バックグラウンドにより難しさの見方が変わります。

 

もちろん独学で合格できる人もいますが、簡単な試験であれば通信教育でわざわざ勉強する必要もありません。

 

ちなみに受験料は以下となっています。

試験手数料(受験料)甲種 (円)乙種 (円)丙種 (円)
〜2018/45,0003,4002,700
2018/5〜2019/96,5004,5003,600
2019/10〜6,6004,6003,700

 

合格率34%は易しい!?

 

危険物乙4の試験は、年に3人に1人も合格するので易しい試験です。

 

なぜなら3人に1人と言っても、その3人が必ずしも真面目に勉強して受験しているわけではないからです。また6割取れれば合格できる択一式問題だからです。

 

基本的に受験される方は、学生もいますが多くは社会人の方が多いと思います。

 

そのような中、申し込みはしたけど日々の仕事が忙しく勉強時間が取れない方もいると思います。

 

せっかく申し込んだので受験だけしておく、択一式で6割取れればOKなので、もしかしたら合格できるかもしれない・・・

 

という考えで受験される方もいるかもしれません。

 

このようなことから一般的に受験者が増加すると必然的に合格率が引き下げられ、合格率34%は必ずしも難しさを反映しているわけではありません。

 

また、あくまで合格率を大きく引き下げているのは「法令」であると考えられるため、法令をメインに対策しておけば楽勝と思われる方もいるかもしれません。

 

以上、合格率だけで難しい、または易しいという見方をしました。ただ、この合格率だけで難易度を判断するのは待ってください。

 

危険物乙4を受験するときに参考とするべき合格率

 

科目で分けて考える必要があります。

 

なぜなら合格率を大きく引き下げているのは「法令」とみえるからです。

 

試験内容は前述の通りです。

 

・危険物に関する法令:15問

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問

 

それぞれで6割以上取る必要があります。

 

すなわち、このくらいの得点率になります。

 

・危険物に関する法令:15問中9問正解

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問中6問正解

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問中6問正解

 

危険物乙4 性消(危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法)

 

危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法を「性消」と言ったりします。

 

危険物甲種を取るためや他の乙種を取得する際に、乙4に合格しておけば、受験科目が免除され性消だけになります。

 

つまり、乙1,2,3,5,6を受験される多くの方は性消だけ受けられる方が多くなります。

 

そして、その合格率は約67%です。

(過去5年分の第4類を除く第1類〜第6類までの平均値)

 

これは3人に2人が合格する値です。

 

合格率だけで見れば、かなり楽勝に見えてこないでしょうか。

 

危険物は第1類から第6類までありますが、4類だけ飛び抜けて試験が難しいことはありません。

 

各乙種の危険物を見てみると以下のようになります。

危険物乙種危険物の性質
第1類酸化性個体(火薬等)
第2類可燃性個体(マッチ等)
第3類自然発火性及び禁水性物質(発煙剤等)
第4類引火性液体
第5類自己反応性物質(爆薬等)
第6類酸化性液体(ロケット燃料等)

 

内容・物量的には、1類>4類>5類>3類>2類>6類 の順で多くなります。

 

乙4も比較的物量が多いですが、乙1の合格率が低いわけでもありません。

 

従って、乙4は単純に需要が多く、甲種を受験するための条件であったりで、他の類の受験をするため登竜門的な試験になっているわけです。

 

よって合格率34%は純粋な乙4自体の試験の難しさを表しているわけではありません。

 

乙4受験者の合格率34%と、乙4を抜かした乙種の合格率67%では何が違うのでしょうか。

 

それは法令です。

 

危険物乙4 「危険物に関する法令」と「基礎的な物理学及び基礎的な化学」

 

基礎的な物理・化学は中学生や高校生で習う内容で、そこまで難しい科目ではありません。

 

合格率を決定的に下げる要因にはなりません。

 

つまり、合格率を67%から34%へ押し下げている要因は、問題数的にも多い「法令」になるわけです。

 

以上からまとめると乙4の合格率はどのように見るかというと、推測でしかありませんが個人的には次のようになると思います。

 

・危険物に関する法令:多分67%程度クリアする

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:多分90%程度クリアする

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:約67%クリアする

 

ということで、合格率は約40%(=0.67×0.9×0.67)になります。

 

これに、とりあえず受験を15%くらいに設定すると、乙4の合格率は

 

34%(=0.4×085)になります。

 

乙四は、ガソリンスタンドやタンクローリー関係のニーズが高いです。

 

そのため、受験者数が多くなる傾向があり、また既に述べたように甲種受験のために受けられる方が多くなると思います。

 

確かに取り扱う物量は各類によって異なりますが、物量の最も多い1類と物量の最も少ない6類を比較しても受験者数と合格率に大きな差はありません。

 

つまり、③性消の問題の難易度が各類で異なるのではなく、受験者数が増えると必然的に合格率も下がると考えられます。

 

 

危険物乙4の月別合格率

 

2019年度の危険物取扱者乙4の月別受験者数、合格者数と合格率です。(消防試験研究センターより引用)

 

2019 (H.31~R.1)4類乙種全体合計
受験者(人)合格者(人)合格率(%)受験者(人)合格者(人)合格率(%)
4月4,7112,15145.76,2083,15550.8
5月5,3312,42845.57,3113,88253.1
6月53,27020,06737.770,53131,57344.8
7月13,8565,65140.816,3897,38045.0
8月6,3582,55940.27,9683,72246.7
9月11,4725,07544.213,9346,90849.6
10月18,3137,13539.022,44710,01144.6
11月43,80115,28934.955,76522,97241.2
12月15,1875,80338.218,6828,21644.0
1月7,2952,69036.99,6434,44546.1
2月31,35811,81637.739,44817,24343.7
3月10,9155,00545.914,0907,36852.3

 

 

比較的に2、6、11月の受験者が多くなっており、伴って合格率が下がります。

 

まとめ

 

・乙4の平均的な合格率は34%です。

・その合格率は参考にしつつも、難易度を判断してはいけません。

・各科目別に見ると法令と性消の合格率が低めです。

・月別の値では2月、6月、11月が受験者数が多く、合格率も下がり傾向です。

 

以上、危険物乙4の合格率から見る難しさをまとめてみました。

 

いっけん、34%と聞くと少なめと判断される方もいらっしゃるかもしれませんが、結局科目毎に分けて考える必要があるのかと思います。

 

あくまで個人的な主観も当然入っていますが、どのくらいの人が受験して、どの程度合格しているかについての背景などの参考にして頂ければ幸いです。

 

独学でも合格する方も多いですが、独学で2回3回目で合格するより1発で合格する方が時間も労力もコストもかからないと思います。

 

効率的に勉強したいなら是非以下の通信教育講座を参考にして頂ければ幸いです。

危険物【乙4】の通信教育講座を比較する

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-乙種, 危険物取扱者