乙種 危険物取扱者

危険物【乙4】の合格率からみるムズカシさ[5ヵ年分]

 

✔︎

・危険物【乙4】の取得を考えていて第4類の合格率を知りたい

・受験者数、合格者数、合格率など過去5年間のわかりやすい比較が知りたい

このように思われている方は、合格率から難易度を推測して取得を目指したいと思われていないでしょうか。

実は、合格率 = 難易度ではないので注意が必要です。

ちなみに乙4の平均合格率は約34%です。

が、この合格率から乙4が難しい、または逆に易しいと判断することはできません。

僕は理系のバックグラウンドで甲種を取得していますが、理系の知識だけでは乙4は取得できないですし、またしっかり対策していけば合格率関係なく合格できると思っています。

この記事を読むことで、試験科目の3科目のうち、それぞれの科目の目安合格率がわかります。

本記事がこれから危険物乙4の取得を目指される方の参考になれば幸いです。

危険物【乙4】の合格率からみるムズカシさ[過去5ヶ年分]

 

乙4 vs 乙種全体の過去5年間の受験者数・合格者数・合格率は以下です。

※乙4:危険物取扱者乙種第4類(データは消防試験研究センターより引用)

 

危険物乙種第4類乙種全体合計
受験者(人)合格者(人)合格率(%)受験者(人)合格者(人)合格率(%)
2019(H.31~R.1)221,86785,66939282,416126,87545
2018(H.30)240,10293,66739304,356136,47145
2017(H.29)256,58788,32834325,411135,21042
2016(H.28)264,94676,57529331,258120,62536
2015(H.27)271,23479,71829342,399127,11437
平均250,94784,79134317,168129,25941

 

平均すると受験者数は 約25万人

 

そのうち合格者は 8万5千人

 

合格率は 約34%

 

ネコ
3人に1人だね

 

この34%という数字が多いのか少ないのか、ここでは判断できません。

 

なんとなく多いという見方もあれば少ないと思うかもしれません。

 

つまり合格率だけ見てもわからないので、試験内容の概略理解が必要です。以下です。

 

試験内容は以下の各科目で6割取れれば合格ですが、休憩を除くと合計2時間の試験になります。

各科目で6割以上の得点率

・危険物に関する法令:15問出題

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問出題

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問出題

 

難易度について詳細を知りたい方はこちらの記事参照ください。

危険物【乙4】の難易度

 

合格率34%は難しい!?

 

危険物乙4の試験は年間3人に1人しか合格しないので難しい試験という見方もできます。

 

難しい理由は学校で習う理系科目だけでなく「法令」があるからです。

 

物理・化学は習ってきたけど、暗記系が多い法令については全く無知な方が多いと思います。

 

ネコ
法令なんて今までならってこなかったな

 

合格率だけみて難しい試験と思ってモチベーションが下がることもあるかもしれませんし、誰でも受験できるので申し込みだけして受験しない人、勉強すらしない人もいます。

 

つまり「合格率」というのは勉強した人全員が受験して、その結果の確率ではないということです。

 

ネコ
いろんな人の状況が合格率に反映されるんだ

 

合格率34%は易しい!?

 

危険物乙4の試験は 年間に3人に1人も合格するので易しい試験、という見方もできます。

 

なぜなら3人に1人といっても、その3人が必ずしも真面目に勉強して受験しているわけではないからです。

 

基本的に受験する方は、学生もいますが多くは社会人だと思います。

 

ネコ
ネコも社会人だよ

 

社会人にあるあるだと思いますが、申し込みはしたけど仕事が忙しく勉強時間が取れず試験日を迎える方も多いと思います。

 

せっかく申し込んだので受験だけしておく、択一式で6割取れれば合格なので、もしかしたら合格できるかもしれない・・・

 

と、思って受験される方もいると思います。

 

ネコ
選択問題だからもしかしたら当たるかもって思う

 

このようなことから、一般的に受験者が増加すると必然的に合格率が引き下げられます

 

つまり合格率34%が必ずしも、その難しさを反映しているわけではないと言えます。

 

また、個人的な見解ですが合格率を大きく引き下げているのは「法令」であると考えているため、法令で引っかかる人が多いと思っています。(理由は後ほど)

 

以上、合格率34%が難しいまたは易しいという見方ができ、いかようにもとれることを確認しました。

 

乙4を受験するときに参考とすべき合格率

 

科目で分けて考える必要があります。

 

なぜなら合格率を大きく引き下げているのは「法令」とみえるからです。

 

試験内容は以下です。

・危険物に関する法令:15問

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問

 

ネコ
法令が一番もんだい数が多いんだな

 

それぞれの科目で6割以上得点する必要があります。

・危険物に関する法令:15問中→9問正解

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問中→6問正解

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問中→6問正解

 

このような得点率になります。

 

ネコ
問題数が多いのが合格率にも影響するのか!?

 

乙4「性消」(危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法)

 

科目の1つで危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法を「性消」と言ったりします。

 

この性消ですが、危険物は第1類から6類まで分かれており、それぞれの性消科目があります。

 

乙4では第4類を受ける必要があります。

 

ネコ
一番人気のやつだな

 

ちなみに、甲種の受験資格として他の乙種4つ取得する必要がある場合、例えば乙4に合格してさえおけば、他の乙種を受験する際に科目免除を受けられ性消だけ受験すればよくなります。

 

つまり、乙4を取得した後、乙1,2,3,5,6を受験する場合は性消だけの対策で良いわけです。

 

そして、乙4以外の乙種合格率(乙1,2,3,5,6)は 約67% です。

(過去5年分の第4類を除く第1類〜第6類までの平均値)

 

ネコ
そんなんに高いのか。倍違うんだな

 

これは3人に2人が合格していることになります。

 

「性消」について危険物は第1類から第6類までありますが4類だけ飛び抜けて試験が難しいわけではないということです。

 

乙4を受験する際に3科目まとめて受験する方が多いから法令も受験することになり、結果、合格率が低くなると考えています。

 

ネコ
なるほど、法令を一緒に受けるから合格率が低くなるということだな

 

ちなみに、各類の危険物は以下のようになります。

危険物乙種危険物の性質
第1類酸化性個体(火薬等)
第2類可燃性個体(マッチ等)
第3類自然発火性及び禁水性物質(発煙剤等)
第4類引火性液体
第5類自己反応性物質(爆薬等)
第6類酸化性液体(ロケット燃料等)

 

内容・物量的には、1類>4類>5類>3類>2類>6類 の順でボリュームが多くなります。

 

乙4も比較的物量が多いですが、最も物量が多い乙1の合格率が低いか?

 

というと、そういうわけではありません。

 

ネコ
さっき乙種は67%っていってたな

 

繰り返しですが、乙4は単純に需要が多く3科目全て受験される方が多いのです。そして、「危険物といえば乙4」と言ったように登竜門的な試験になっているわけです。

 

よって合格率34%は、純粋な乙4自体の試験の難しさを表しているわけではない と言えます。

 

既にお分かりかと思いますが、乙4受験者合格率34%と、他の乙種合格率67%では何が違うのでしょうか。

 

つまり、それが法令だと予想できいます。

 

乙4 「危険物に関する法令」と「基礎的な物理学及び基礎的な化学」

 

基礎的な物理・化学は中学生や高校生で習う内容で、正直難しい科目ではありません。

 

合格率を決定的に下げる要因にはなりません。

 

つまり、合格率を67%から34%へ押し下げている要因は、問題数的にも多い「法令」になるわけです。

 

以上から、乙4の合格率の根拠をより正確に出そうとすると(推測で主観的ですが)、次のようになると思います。

・危険物に関する法令:受験者の57%程度クリアする

・基礎的な物理学及び基礎的な化学:受験者の90%程度クリアする

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:受験者の67%クリアする

 

合格率は約34%(=0.57×0.9×0.67)になります。

 

確かに取り扱う物量は各類によって異なりますが、物量の最も多い1類と、物量の最も少ない6類を比較しても受験者数と合格率に大きな差はありません

 

ネコ
乙4以外の合格率は大きな差がないんだな

 

つまり、「性消」の難易度が各類で異なるのではなく「法令」を受ける人が増えると合格率が下がると考えられます。

 

この乙4ですが、ガソリンスタンドやタンクローリー関係のニーズが高く、受験者数が多くなる傾向があります。

 

ネコ
ネコも勉強中だ

 

また甲種資格の受験条件となるため、受験者が多くなります。

 

乙4の月別合格率

 

 

最後に2019年度の危険物取扱者乙4の月別受験者数、合格者数と合格率の記載です。

(消防試験研究センターより引用)

2019 (H.31~R.1)4類乙種全体合計
受験者(人)合格者(人)合格率(%)受験者(人)合格者(人)合格率(%)
4月4,7112,15145.76,2083,15550.8
5月5,3312,42845.57,3113,88253.1
6月53,27020,06737.770,53131,57344.8
7月13,8565,65140.816,3897,38045.0
8月6,3582,55940.27,9683,72246.7
9月11,4725,07544.213,9346,90849.6
10月18,3137,13539.022,44710,01144.6
11月43,80115,28934.955,76522,97241.2
12月15,1875,80338.218,6828,21644.0
1月7,2952,69036.99,6434,44546.1
2月31,35811,81637.739,44817,24343.7
3月10,9155,00545.914,0907,36852.3

 

 

比較的に2、6、11月の受験者が多くなっており、伴って合格率が下がります

 

ネコ
月によって合格率が変わるんだ。難易度には関係ないと思うけどな

 

危険物取扱者試験の受験料は以下となっています。

試験手数料(受験料)甲種 (円)乙種 (円)丙種 (円)
〜2018/45,0003,4002,700
2018/5〜2019/96,5004,5003,600
2019/10〜6,6004,6003,700

 

まとめ

 

・乙4の平均的な合格率は34%です

・合格率は参考にしてもよいが難易度を判断するものではない

・各科目別に見ると法令と性消の合格率が低いと考えられる

 

以上、危険物乙4の合格率から見る難しさをまとめてみました。

 

一見、34%と聞くと、少なめと判断される方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、結局科目毎に分けて考える必要があります。

 

独学でも危険物に合格する方は多いですが、独学で2回3回で合格するより1発で合格する方が時間も労力もコストもかからないと思います。

 

一発合格を狙うなら通信教育講座がオススメです。

危険物【乙4】の通信教育講座を比較する

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  • この記事を書いた人

くぅたろう

主に危険物や技術士等の技術系資格をメインに情報を発信中! 大手エンジニアリング会社で危険物甲種を取得後、エンジニアとして仕事をしています。 高校卒業→中小企業就職→理系大学・大学院卒→大手エンジニアリング会社入社→現在

-乙種, 危険物取扱者