危険物取扱者

スタディング【STU▷Ying】危険物取扱者乙4の通信講座

こんにちは くぅたろうです。

 

スタディングの通信講座で危険物取扱者乙4の資格を取ろうと考えている方

 

スタディングの危険物乙4の通信講座は非常に低価格なので安かろう悪かろうと思われて心配されているかもしれません。

 

お金は無駄にしたくないですね。

 

スタディングのような通信講座で学習したいけど、記憶力に自信がなく不安といった方もそうですが、活字で学習するより動画学習の方が多くの人にとっては覚えやすく効率的です。

 

スタディングでの学習を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

スタディングは危険物取扱者乙4の教材として十分 !?

 

教材としては十分です。あとは自分次第です。

 

スタディングの通信講座乙4はとても低価格です。それ故、教材が薄っぺらいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

講師は若いお姉さんではありませんが、試験問題の解説だけではなく学習の仕方や豆知識なども動画(講座)の中で話しているので、参考書みるだけでは身につかない知識があります。

 

また、講座だけではなくマイページから自分の学習進捗・管理もできます。

マイページはこんな感じです。

 

 

自分が試聴済動画や学習時間、履歴も確認でき、作ろうと思えば勉強仲間も作れます。

 

受験仲間は必要とはよく言いますが、乙4であれば一般的に短期間(数ヶ月)で取れますし、学習に1年かかるような長期戦でもないので、あまり勉強仲間は必要ないかもしれません。ただ、これは個人の自由ですね。

 

スタディングにかかる費用と危険物乙4の受験費用

 

比較するとほぼ変わりません。

 

スタディングの乙4通信講座は4,500円(税抜)ですが、危険物乙種の受験費用は4,600円(非課税)です。

 

スタディングの詳しい値段設定はわかりません。危険物乙種の費用に合わせたのかもしれませんが、他の通信講座を比較してもかなり安いです。

 

もし会社で危険物取扱者の受験費用を負担してくれるなら、浮いた分で通信講座を受講できます。

 

危険物取扱者は国家資格ですし、キャリアアップや就職への有利さなどメリットがあります。

 

甲種を取得できれば全ての危険物を取り扱えるようになります。

 

危険物を取り扱う企業では会社で資格取得が推奨されていたり、ほぼ強制になっている場合があります。

 

こういった場合は、会社で費用を負担してくれることもあり、例えば1万円(受験料込み)負担してくれるなら、スタディングの通信講座を受けてもお釣りがきます。

 

危険物取扱者

 

スタディングの乙4通信講座は魅力的だが記憶力に自信がない

 

乙4は理系に限らず真面目にチャレンジするなら短期間で受かる可能性の高い国家資格です。

 

記憶力に自信がないなら活字(参考書)より動画をオススメします。

 

ちなみに、危険物乙4は定年退職後の再就職のために取得される方もいます。

 

そもそも僕のような一般人は一回見ただけで試験範囲を覚えられるはずもなく、何回も繰り返さないと覚えません。

 

多くの人がそうだと思いますし、受験勉強などまさに繰り返しです。

 

歳を取ると記憶力が衰えると言います。実際そうかもしれませんが

 

歳をとるとその分知識・経験が蓄積されてくるため、入ってくる情報に対していろんな角度で見ようとするため素直に覚えるという反応が遅いのかもしれません。(持論)

 

シルバーパス持っているくらい高齢の方でもプログラミングしている人やゲームしている人、SNSで情報発信している人もいますから、向上心とやる気で記憶力低下などはカバーできると思っています。(個人的にはそうありたい)

 

基本的な学習法は主に以下の2つです。

 

・参考書やYoutubeを使って低コストで独学

 

・スタディング などの通信講座で効率的に学習

 

独学の場合費用は安く済みますが、わからないことがあったとき、解決にいつまでも時間を使う可能性があります。これは非効率です

(僕はよくやっていました)

 

また、活字で全てを伝えることは難しく、著者の意図やニュアンスが伝わりにくいことがあります。

(仕事においてもメールだけだと冷たく感じたり、本人はそう思っていなくとも受け取る側の印象が変わったりします)

 

確かに今の時代はYoutubeで独学もできますし、家庭教師のトライはいくつかの高校科学の動画を無料でアップしています。

 

ただ、必要なものを自分で探したり、知りたいところがピンポイントで解説されていない、なんてこともあります。

 

一方、通信講座で学習する場合、独学より費用はかかりますが効率的に学習を勧められ、不明なところがあれば講師に聞けるため基本的にすぐ回答が得られます。

 

(質問できるのに質問しないのはもったいないですね。この試験ではありませんが、つい面倒で質問できる環境があったのに質問せず、自分でいつまでも答えを探してしまう非効率な時間を過ごしていた時がありました)

 

会社によっては、通信講座でも動画を提供している会社と提供していない紙媒体のみの会社がありますが、今の時代は動画配信をしている通信講座をオススメします。

 

スマホは基本持ち歩いていると思うので、自分の好きな時に講座が観れる聴けるためです(電車の中、車の中など)。

 

通信講座は独学より費用がかかると書きましたが、スタディングにおいては料金が安く、下手な参考書を何冊も買うより安いです。

 

飲み会1回分程度です。

 

さわりの導入は無料で観れます。以下です。

 

危険物取扱者

 

スタディングの乙4通信講座は安くて良いことはわかった。他の通信講座も知りたい。

 

スタディングの通信講座は安いですが、以下の通信講座と比べて安いです。

 

ユーキャンたのまなフォーサイトオンスク.JPJTEX です。

 

世の中にはもっと多くの通信講座の会社がありますが、危険物取扱者の資格がある講座は限られています。そのため、上記(スタディング含め)のいずれかで検討したら良いと思います。

 

比較記事は以下です。

 

危険物取扱者乙種の通信講座比較【5社】

  こんにちは くぅたろうです   危険物取扱者乙種の資格を取るために通信講座を受講したいけど、通信講座がたくさんあり過ぎてわからない。 自分にあった講座を見つけたい。 こんな疑問 ...

 

それぞれの通信講座に特徴があり長短があります。

 

ちなみに、一番料金は高いが一番教材が充実しているのが大手のユーキャンです。

 

一番料金が安いのがオンスク.JPです。

 

たのまなとJTEXは提携しており、教材は紙媒体のみで内容はほぼ同じ、値段は1万円を超えます。

 

比較記事を参考にして頂き、自分にあった通信講座で乙4を目指していただければと思います。

 

まとめ

 

・ スタディングは危険物取扱者乙4の教材としては十分です。活かせるかは自分次第。

・ スタディングにかかる費用と、危険物乙4の受験費用はほぼ変わらない。
スタディング乙4通信講座は4,500円(税抜)、危険物乙種の受験費用は4,600円(非課税)です。

・ 乙4は理系に限らず真面目にチャレンジするなら短期間で受かる可能性の高い国家資格。
一度で覚えられる人は稀。記憶力に自信がなくても何度も繰り返すことで多くの人は覚える。

・ スタディングの乙4通信講座は他の通信講座と比べて安い。

 

工学系の入門資格と言われている危険物乙4ですが、取りたいと考えているは多いです。

 

明日やろうは馬鹿野郎ではありませんが、一昨日も昨日も今日も通信講座をやるかやらないかで悩んでいるならすぐ決断することをオススメします。

 

取る必要があるなら取れるか取れないかを考えるより、受験日程と学習計画をまず確認することが大切です。

 

職務上資格が必要なら、なおさら早めに動き出してチャレンジしてみることをオススメします。

 

是非、危険物取扱者乙種4類取得に向けて頑張ってください!

 

危険物取扱者

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

-危険物取扱者

© 2021 資格まるさん格 Powered by AFFINGER5