危険物取扱者

危険物取扱者甲種の難易度【for 文系と高校生】

 

こんにちは くぅたろうです

 

資格好きの文系大学卒だけど、危険物取扱者の資格を取得してみたい。そのためにも甲種の難易度が知りたい。

高校2年生で大学入学に向けて時間に余裕があるので危険物甲種の勉強スパンと難易度を知りたい。また、危険物取扱者の資格を取って差別化できるようにしたい。

といった疑問に答えます。

危険物取扱者甲種は受験資格があるため、誰でも受験できるわけではありませんが基準を満たせば受験できます。

今回は、受験資格・合格率・試験内容と合格するための正答率・対策方法などの視点から難易度を見ました。

 

危険物取扱者甲種の難易度を知りたい【受験資格】

 

危険物甲種の難易度を以下のようにまとめました。

(受験資格内容は消防試験研究センターHPより引用)

 

大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者

 

大学等というのは以下となります。

大学、短期大学、高等専門学校、専修学校、高等学校の専攻科、中等教育学校の専攻科、防衛大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等

 

※4年生大学を卒業する必要はありません。

 

大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者

 

ここでいう大学等というのは以下です。

 

先の大学等に加えて(中等教育学校の専攻科はなし)

 

防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、気象大学校

 

ということで、文系卒業でも必要な単位が取れていれば問題ありません。

 

乙種危険物取扱者免状を有する者

 

これは、乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実問経験が2年以上の者

 

または、次の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けている者

 

第1類又は第6類、第2類又は第4類、第3類、第5類

 

大学入学していないし卒業もしていない場合は、危険物取扱者乙種を取得して受験条件を満たす必要があります。

 

修士・博士の学位を有する者。修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻した者

 

化学系の修士・博士ですね。

 

危険物取扱者甲種の難易度を知りたい【合格率と受験料】

 

危険物甲種の合格率は以下です。

実施年度合格率(%)受験者数(人)
平成31年度(令和1年度)39.519,540
平成30年度39.820,977
平成29年度37.322,504
平成28年度33.522,845
平成27年度32.222,905
平成26年度32.824,022
平成25年度33.225,395
平成24年度32.826,159
平成23年度33.126,322

 

ここからわかる通り、合格率はおよそ30%台です。近年は徐々に合格率が上がっています。(受験者数は減少しています)

 

合格者がどんな人かわかりませんし、理系や会社勤めのエンジニアなどの人が比較的多いかもしれませんが、

 

文系や高校生でも受験条件を満たせば関係ありません。

 

危険物取扱者甲種の受験料は 6,600円です(乙種は4,600円)

 

危険物取扱者甲種の難易度を知りたい【試験内容と合格のための正答率】

 

危険物甲種の試験科目と問題数は以下です。

 

危険物甲種の試験科目と問題数

・危険物に関する法令:15問

・物理学及び化学:10問

・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:20問

 

そして、全ての科目で60%以上の正答率で合格です。

 

こうみると大して問題数も多くないし6割取れれば合格なので簡単そうに見えますが、乙種と異なり甲種では第1類〜第6類まで全種類出ますので、出題範囲が多くなります。

 

それでも国家資格なので目標とするなら価値のある資格です。

 

危険物取扱者甲種の難易度を知りたい【対策方法】

 

危険物甲種の受験者は化学系など理系のバックグランドを持つ人や乙種を既に取得している人などが比較的多いと思います。

 

そのため、参考書を買って独学で勉強する人も多いと思います。

 

ですが、独学が難しく文系や高校生などバックグランドがない場合でも受験条件を満たせれば通信講座を利用するという方法もあります。

 

甲種の通信講座については以下記事を参照ください。

 

危険物取扱者【甲種】の通信講座まとめ

  こんにちは くぅたろうです   危険物取扱者甲種の資格を取るため通信講座を考えているけど、どんな種類の通信講座があるのか比較検討するための情報が欲しい。 自分に合う講座が後から ...

 

危険物取扱者甲種の難易度を知りたいけど【文系や高校生の場合】

 

文系のバックグラウンドしかない場合、今からでも大学で科目を取得できるなら受験資格の「化学に関する授業科目を15単位以上修得」しましょう。

 

総合大学なら化学系の科目もあるので、1、2学期頑張れば取れると思います。

 

単科大学で難しい場合や高校生の場合は、受験資格「4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付」を満たす必要があります。

 

4種類以上というと大変そうに思えますが、乙種を1種類でも取得できれば、その他の乙種試験を受ける際の共通科目は免除されます。

 

つまり、1科目のみの受験(お金はかかりますが)

 

危険物取扱者【甲種】を取得するための勉強スパン

 

現在文系大学や高校生の方ならまずは受験資格に自分が当てはまるか確認する必要があります。

 

科目に対するバックグラウンドが全くなければ、4ヶ月程はみておいた方が良いと思います。

 

2ヶ月間で各科目の内容を把握、1ヶ月間で過去問、1ヶ月で全体の復習 など

 

人によって学習計画があると思いますし、取れる時間も異なると思いますのであくまで目安です。

 

ただ、乙種を取得すれば法令と取得した類の性消科目は重複されるのであまり時間をかけなくても良いかもしれません。

 

危険物取扱者甲種を受験するくらいなので、自身で学習計画を立てるのは当然かと思いますが、少なくとも鉛筆コロコロで受からないことだけは確かです。

 

高校生のうちに国家資格である危険物甲種を取得できれば、就職にも役立ちます。(ですが、まずは乙種から)

 

まとめ

 

・危険物取扱者甲種を取得するには受験資格が必要

・危険物取扱者甲種の合格率は30%台

・文系や高校生の場合でも受験資格を満たせれば危険物甲種の資格は取れる

 

まずは乙種の資格を取得するためなら下記の記事を参照ください。

 

ユーキャンの危険物取扱者乙種第4類の通信講座と参考書

  こんにちは くぅたろうです   ユーキャンの危険物取扱者乙種第4類の通信講座の概要を知りたい、またユーキャンの乙4参考書の概要を知りたい方。 危険物取扱者乙4の取得を目指し、ユ ...

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-危険物取扱者